ホーム事業展開メンテナンス事例会社概要お問い合わせお知らせ・最新情報英語サイト

会社概要会社概要

企業理念・社長ご挨拶

設備能力

沿革

事業所アクセス

環境への取り組み・品質方針

沿革

沿革

1945年 12月 安川電機製作所の協力工場として、回転機変圧器の改造、修理を業務として創業
1948年 11月 小野田市に工場開設
1950年 6月 資本金250万円として、株式組織に変更、商号を株式会社桑原電機工業所とする
1957年 5月 小型特殊高速電動機その他新製品を安川電機協力工場として製作開始
資本金500万円に増資
1958年 7月 資本金700万円に増資し、株式会社桑原電機製作所と商号変更
1958年 12月 電磁吊揚機(リフティングマグネット)および限流リアクトルの製造販売を開始
1962年 5月 資本金1,000万円に増資
1962年 12月 第一工場落成
1967年 2月 宇部工場を開設し、小野田工場を移転
1970年 1月 大型電機機器の改造修理部門を分離独立せしめ、商号を桑原電工株式会社と改称
1975年 5月 品質および能率向上をはかるため、巻線工場の設備更新とコイルセンターの建設を完成
1977年 6月 誘導加熱コイルおよび誘導炉の製作・修理開始
1978年 3月 資本金1,500万円に増資
1979年 10月 大型工場落成
1980年 11月 同期発電機および誘導発電機の製作開始
1982年 4月 会社の体質強化と品質向上を計るべくTQC運動を展開
1985年 9月 厚板用消磁装置の新型製作
1989年 1月 設備診断パトロール車を増車
1989年 3月 九州電力株式会社殿より小水力発電機製作の登録認可を受ける
1989年 12月 ダイナミックバランスマシン設置
1990年 8月 大型真空加圧含浸装置を増設
1993年 3月 絶縁破壊電圧推定システム「CLiPS」の開発
1993年 5月 設備診断パトロール車を増車
1993年 8月 絶縁試験室および社員食堂新築
1995年 5月 中型工場巻線クリーンルーム完成
2001年 8月 ロボットテーピングマシン設置
2002年 3月 レーベル転位ライン完成
2002年 5月 ロボットテーピングマシン増設
2002年 11月 電線製作ライン完成
2004年 2月 社内LANを無線化・高速インターネット導入.拠点WAN導入
2004年 5月 宇部工場事務所新築
2004年 6月 従業員駐車場及び資材置場新設
2004年 6月 設備診断車 増車
2004年 7月 中型工場2階クリーンルーム完成
2004年 7月 大型検査場増築
2004年 11月 大型東工場増築
2004年 12月 西工場新築
2004年 12月 西工場新築に伴い、各種大型製造装置設置
2005年 6月 大型薫製炉設置
2006年 4月 千葉市に関東工場を開設
2006年 6月 本社にて第二工場完成
2007年 7月 関東工場を関東事業所とする
2007年 9月 本社事務所を移設
2008年 5月 自動コイル成形機設置
2009年 7月 品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001を取得
2009年 11月 真空乾燥装置設置
2010年 2月 本社事務所と第二工場の屋上に、ソーラパネルを設置
2012年 3月 韓国桑原電機(株)設立
2012年 10月 第一工場完成
2013年 3月 大型バランスマシン設備設置
2014年 7月 若松工場開設
2015年 12月 創立70周年
2016年 4月 千葉県市原市に関東工場を新設